政治

コンビニのスプーンが有料化?プラスチック新法案の賛否両論まとめ

New plastic bill
Sponsored Links

2021年3月9日、政府が事業者にプラスチック製品の削減を義務づけるための法案「プラスチック資源循環促進法案(プラスチック新法案)を閣議決定しましたね。

2022年の4月施行を目指しているようですが、世の中の反応をまとめてみました。

プラスチック資源循環促進法案(プラスチック新法案)とは?

プラスチック資源循環促進法案(プラスチック新法案)について紹介しますね。

プラスチック新法案とは、プラスチックごみ(プラごみ)の排出を抑制する為に、資源を循環させることを目的とした新法です。

2022年年4月の施行を目指していて、コンビニエンスストアのプラ製スプーンや飲食店のストローの有料化などが検討されています。

製造、販売、回収の各段階で新たな措置が盛り込まれています。

 

販売

気になるのは販売段階でのことだと思います。

販売段階

コンビニなどの小売店やレストラン、カフェなどの飲食店に対して、プラ製品の使用削減を義務づけています。

使い捨てのプラ製スプーンやフォーク、ストローなどが対象。

成立後の対応

  • 有料で提供
  • 受け取らなかった客にポイントを還元
  • 代替素材への転換

以上のどれかを義務付ける方向で検討されているんです。

 

罰金

しかも、対策を講じなかった事業所は国が指導や命令が出来て、違反した場合は50万円以下の罰金が科せられるんです。

 

 

コンビニのスプーンは有料化する?

法案が施行されると、罰金を科せられてしまうので、コンビニや飲食店で出されているスプーンやストローは代替素材を用意するより有料化される可能性が高いと考えられます。(>_<)

有料化した場合の値段って気になりますよね(>_<)

レジ袋が3~5円位ですが、スプーンやストローって難しいですよね。

スプーン1本5円位でしょうか?

プリンやアイス用なら1円とか?

コンビニでカレーとプリンを買ったら、両方に対してスプーンがいるかどうか聞く事になるのでは?

店員さん凄く大変になりそうですね…。

 

 

プラスチック資源循環促進法案(プラスチック新法案)の賛否両論

プラスチック資源循環促進法案(プラスチック新法案)の世の中の反応をまとめてみました。

否定意見

そうなんです!

レジ袋が有料化になるまで、スーパーのレジ袋を生ごみ入れて捨てていたので気にならなかったんですが、有料化になってから「手つきポリ袋」が山積みで販売されているんですよね(>_<)

これって、削減になってないんじゃないかと疑問に思う事も…。

 

 

コンビニ店員さんやスーパーのレジの方の苦労が増えますよね(>_<)

 

 

賛成意見

反対する反応が多かったのですが、有料化でも良いという意見もありました。

 

 

今回のプラスチック資源循環促進法案(プラスチック新法案)の反応は、反対されている方が多かったと思います。

確かに、コンビニの店員さんスーパーのレジの方の作業が増えたり、ドリンクバーなどのストローはどうなるのかや気になる事は多いですね。

もし有料化になった場合、本当に「自分でスプーンを持ち歩く人が増えたり、ライフスタイルを変化させることができる」のか疑問に思いました。

 

まとめ

今回は、「プラスチック資源循環促進法案(プラスチック新法案)」について世の中の反応をまとめてみました。

もし、来年4月施行されたらコンビニでお昼を買われる方は、スプーンを使わないメニューを選ぶようになるかもしれないですね!

そして、スプーンやストローの値段が気になりますね!

まだ、1年先のことですがどうなっていくのか気になる法案ですね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links
>> <<
Sponsored Links

-政治

© 2021 Powered by AFFINGER5