政治

【秋田市長選】武内伸文の出身大学は?プロフィールや経歴を紹介!立候補した理由まとめ

nobufumitakeuchi-profile
Sponsored Links

秋田市長選が2021年3月28日(日)告示、2021年4月4日(日)投票の日程で行われます。

武内伸文氏は、2019年には2期目の秋田市議会議員選挙で当選され議員を経て、今回の秋田市長選に立候補されています。

今回は、秋田市長選に立候補された武内伸文氏の出身大学やプロフィール・経歴を紹介していきますね。

武内伸文のプロフィール

武内伸文氏のプロフィールを紹介しますね。

  • 名前:武内伸文(たけうち のぶふみ)
  • 生年月日:1972年1月1日
  • 星座:山羊座
  • 血液型:B型
  • 出身地:秋田県
  • 趣味:ジョギング・テニス
  • 特技:剣道

 

年齢

武内伸文氏の誕生日は1972年1月1日です。

現在(2021年3月)48歳です。

武内氏は元日生まれ!なんだかおめでたいですね。

 

 

経歴

武内伸文氏の経歴を紹介しますね。

  • 1994年4月:大学卒後、外資系経営コンサルティング会社「アクセスチェア」入社。
  • 2003年9月:英国カーディフ大学大学院・修士課程修了。 都市・地域計画学部にて「次世代につながる地域づくり」研究。
  • 2005年3月:帰郷後、家業の印刷会社の業務をこなす傍ら、社会活動団体「SiNG(シング)」を立ち上げ、さまざまな社会起業に取り組む。
  • 2015年4月:秋田市議会議員選挙(平成27年)に初出馬。
    新人としては最多の3,507票を集め初当選。秋田市議会に新会派「そうせい」を立ち上げ第二会派となる。
  • 2019年4月:秋田市議会議員選挙(平成31年)2期目の当選
    前回と同じく3,392票と多くの票を集めて当選しています。

武内伸文氏は、1994年に就職したコンサルティング会社に8年間勤務され「組織・人の変革」を専門とされていました。

専門的な仕事をして行く中で「社会の変革」を深く学ぶため、イギリスの大学院に留学されています。

イギリスの大学院では「環境にやさし持続可能な社会づくり」をテーマに研究しながら環境団体のボランティアにも参加されてます。

 

2005年には家族の介護の為、イギリスから帰国されています。

家族の介護のかたわら、「市民」「企業」「行政」に対して、地域の目標達成に向けた変革に繋げる働きかけを行う市民有志による社会活動団体「SiNG」を秋田を拠点に立ち上げました。

この活動は、10年以上になり議員に当選してからも活動を続けているそうです。

 

 

職歴・役職

武内伸文氏の現在(2021年3月)までの役職をまとめました。

  • アキタ・バール街実行委員会 ディレクター
  • 竿燈市民パレード実行委員会 実行委員長
  • 秋田市竿燈まつり実行委員会 委員
  • 秋田市大森山動物園応援会 委員
  • 環境あきた県民フォーラム 理事
  • 秋田醸しまつり実行委員会 委員
  • 秋田ビアフェス実行委員会 副代表
  • 地域力フォーラムinあきた実行委員会 委員
  • 秋田市通町商店街振興組合 外部顧問
  • 公益財団法人平野政吉美術財団 評議員
  • 総社神社氏子青年会 会員
  • 秋田市北倫理法人会 会員

武内伸文氏は数々の行事に実行員や理事として参加されていますね。

 

 

出身高校

武内伸文氏の出身高校は、秋田県立秋田高校です。

秋田市内にある歴史ある高校で、偏差値が71とトップの進学校です。

 

 

出身大学

武内伸文氏の出身大学は、青山学院大学です。

学部は法学部です。

青山学院大学は、東京都内でも人気の私立大学で各業界で活躍している卒業生も多い大学です。

 

 

武内伸文の妻や子供は?

武内伸文氏の家族構成は、情報が公表されていないので分かりませんでした。

48歳という年齢を考えると、既婚者である可能性は高いかもしれないですね。

 

 

 

【秋田市長選】武内伸文の政策や公約は

武内伸文氏の政策や公約をまとめました。

武内氏は、平常時における踏襲型の市政ではなく、時代の動きにすばやく反応し、積極的で大胆な発想を柔軟に取り入れられる「強いリーダーシップ」を発揮できる市政が必要だと考えていらっしゃいます。

そして、「圧倒的なスピード感」「果敢なチャレンジ精神」「積極的な民間活用」を身上に、皆さまの暮らしを守ると約束されているんですよ。

 

公約

武内伸文氏が掲げられている公約を紹介しますね。

  1. 新型コロナ対策に全力加速。
  2. ゴミ処理手数料の無料化。
  3. 全国に誇れる「外旭川」に。
  4. 新スタジアムは「八橋」へ。
  5. 市全域を維持するコンパクトシティ。
  6. 災害に強い安心・安全な街。
  7. 公共交通を整備し外出機会を創出。
  8. 民間の力を市政に反映。

武内伸文氏の公約は、大きく8つ掲げていらっしゃいます。

現時点(2021年3月)なので、増える可能性もあるかもしれませんね。

詳しく見ていきたいとおもいます。

 

新型コロナ対策に全力加速

直ちに支援の方向性を示し、直接支援。

経済的ダメージの回復へ向け、幅広い業種で使うことのできるプレミアム商品券をすぐに発行。

外出の可否を安心して判断できるよう、独自の新型コロナウイルス対応行動基準を策定し、消費喚起を強力に後押し。

 

 

ゴミ処理手数料の無料化

ごみ処理手数料を無料化。

コロナ禍において、ごみ手数料も家計の負担になると考え、ごみの削減策を再度見直し、ごみ処理手数料を無料化することで市民生活を守る。

 

全国に誇れる「外旭川」に

外旭川地区を最先端の「スマート農業」特別地区としての開発を目指す。

農業ビジネスの新規参入を促し、さらには、食料基地としての役割を果たしていく。日本中探してもどこにない外旭川だけのオンリーワンの価値を創造。

子供たちが誇りを持って育ち、あるいは育てることができる、そして、私たちが暮らしていくことができる、誇りある秋田・外旭川をつくっていくことを目指されています。

 

 

新スタジアムは「八橋」へ

新スタジアムは「八橋」が最適。

秋田駅から八橋までの導線には、中通・大町・山王地区があります。スタジアムへ向かう途中で食事をしたり、お茶を飲んだり、試合後には祝勝会を開くこともあると考え、この一連の流れが、秋田市に経済波及効果をもたらすことが期待できる。

 

 

 

市全域を維持するコンパクトシティ

現職が手放そうとしている「コンパクトシティ」構想の継続。

周辺地域をないがしろにせず、コンパクトシティを考える。

限りある市の資源を最適に配分し、受け継がれてきた秋田市全域の生活を将来にわたって守り、歴史・文化・伝統、独自の地域全体を守りながら、将来につなげることが大事。

 

 

災害に強い安心・安全な街

  • 守りの除雪から「攻めの除雪」
    契約や関係を見直すことで除雪業者が安心して作業いただける仕組みや、近隣市町村とも連携しながら除雪技術を共有しつつ高め合う仕組み、ICTをフル活用し効率的に除雪作業を行える仕組みにより、守るだけではなく、備え、攻める除雪対策を構築。

 

  • 緊急情報を直ちに伝える情報掲示板の設置
    緊急情報をいち早く、確実に届けるため、デジタルサイネージを活用した情報掲示板を市内各所に設置。
    民間との連携を強化し、災害時に企業が持つサイネージ機器に情報を配信・表示する仕組み作り。

 

公共交通を整備し外出機会を創出

  • ジャンボタクシーを活用した地域循環バス
    一部では既に実施しているマイタウンバスを拡充を図ることで、市民の足を確保し、いつでも気軽に外出できるよう、より利便性を高める。

 

  • バス位置情報システムの導入
    運行状況をきめ細かに提供できるよう、バスの位置情報システムを導入。

 

  • 秋田市全体の公共交通網の将来像提示
    JR、バス、タクシーなど公共交通のすべてを総合的に組み合わせ、市民生活の本質に直結した公共交通網を新たに策定。

 

  • 駅ホームヘのエレベーター設置の推進
    ホームヘのエレベーターの設置を推進し、駅の利用時だけではなく、駅をまたいだ移動もしやすいよう設計。

 

民間の力を市政に反映

  • 副市長の民間登用・民間企業からプロジェクト型採用
    民間の視点から市が抱える問題をスピーディーに解決で知る人材の登用。

 

  • 行政への成果報酬型の民間提案制度(SIB)の導入。
    SIBとは、行政の成果連動型支払い契約と民間資金の活用を組み合わせた官民連携手法。

 

 

武内伸文の評判

武内伸文氏の評判は、長年にわたり市民活動をされていたことあり「市民の声を多く聞こうとする政治家」として支持されているようです。

市民との交流の場を設けることで、さまざまな形で関り話が聞けるように積極的に活動されていますね。

 

 

まとめ

秋田市長選が2021年3月28日(日)告示、2021年4月4日(日)投票の日程で行われます。

武内伸文氏は、2019年には2期目の秋田市議会議員選挙で当選され議員を経て、今回の秋田市長選に立候補されています。

秋田市長選に立候補された武内伸文氏の出身大学やプロフィール・経歴を紹介ました。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links
>> <<
Sponsored Links

-政治

© 2021