エンタメ

AirTagsの仕組みや便利な使い方を紹介!

howtouse- airtags
Sponsored Links

Appleから「落とし物トラッカーAirTag」の正式な発売日が発表されて話題ですね!

以前から、噂が絶えなかった商品なので発売を心待ちにしていた方も多い注目の商品。

よく無くし物をする方には必需品になりそうですよね。

今回は、Appleの新商品「AirTag」の仕組みやとっても便利な使い方を紹介しますね。

AirTagの仕組み

 

Appleの新製品「AirTag」の公式サイトの説明では

あなたのAirTagは、近くにある「探す」ネットワーク上のデバイスが検知できるように、安全なBluetooth信号を送信します。すると、信号を受け取ったデバイスは、AirTagの位置情報をiCloudに送信。あなたは「探す」アプリを開いてマップ上で確認できるというわけです。このプロセスは完全に匿名で行われ、情報は暗号化されるので、あなたのプライバシーは守られたまま。効率も良いので、バッテリー残量データ使用量を心配する必要はありません。

引用:Apple公式サイト

と発表しています。

仕組みを簡単に説明しますね。

  • 自身のiphoneやipadにBlue Toothでペアリングする。
  • AirTagが安全なBlue Tooth信号を発信。
  • AirTagの位置情報がiCloudに送られてくる。
  • 自身のiPhoneやiPadの「探す」アプリのマップ上でAirTagの位置情報が確認できる。
  • AirTagが発信する信号は暗号化され匿名で行われる。
  • AirTagの位置情報の履歴は、AirTag内に保存されることはないのでプライバシーが守れる。

また、AirTagは自分のApple IDに紐付けされます。

しかも、AirTagは誰かに追跡される被害に遭う事がないように設計されているので、安心安全に使用することが可能です。

 

Airtagは、Bluetooth電波の届く範囲(10m)を離れると警告を出して置忘れを防ぐことが可能です。

また、iPhoneユーザーのネットワーク(Find My network)を利用して、遠く離れたAirtagの追跡も可能です。

 

 

AirTagの便利な使い方を紹介

AirTagの便利な使い方を紹介しますね。

お財布に入れる

wallet

トイレに行ったときに、ついうっかり財布を置きっぱなしにしたことはないですか?

AirTagをお財布に入れていおくことで、財布の位置情報が分かるので直ぐに見つけることが可能。

バックを置き忘れる事もあると思うので、そんな場合も役に立ってくれそうですね(*^-^*)

 

 

 

車内に置いておく

Parking Lot

大型スーパーや空港の駐車場は、いざ車に戻ろうと思った時に「何処に停めたかな?」と探し回ることがないですか?

広い駐車場や立体駐車場だと、探し回るのも一苦労ですよね。

車の中に「AirTag」を置いておくことで、iPhoneが車の位置を教えてくれます。

買い物や旅行帰りで疲れている時に、車を探し回らなくていいので助かりますね。

 

 

車やバイクの盗難防止

car

もし、自宅や駐車場に置いていた車やバイクが盗難にあってしまったらとても困りますとね。

警察に届けても直ぐには見つからないことが多いようです。

盗難防止用に「AirTag」愛車やバイクに忍ばせておけば、もし盗難にあてっも直ぐに位置情報が分かり警察にも伝えることが出来ますね。

また、抑止力効果で「盗難防止用発信機装着車」ステッカーを張っておくと、盗難に遭う被害も減るかもしれないですよ。

最近の車は、スマートキーの電波を利用して車が盗まれる被害も増えているので、万が一の為に「AirTag」を置いておくのがオススメです。

 

 

子どもに持たせて迷子や誘拐防止

children

ショッピングモールや遊園地で子供とはぐれてしまったり、何処に遊びに行っているか分からないと不安になりますよね。

子供に持たせておくことで、常に子供の位置が分かるので迷子になっても直ぐに見つけることが出来ます。

小さなお子様ならリュックやポシェットに忍ばせて置けば安心ですね。

もし、子供が「AirTag」を落としてしまってもiPhoneで確認すれば「AirTag」の位置が分かるので、落としてしまっても大丈夫です。

子供に携帯を持たせるのは早いけど、GPSは使いたいと悩んでいるならおススメですよ。

そして、誘拐の可能性がないわけではないので、万が一の為にも役立ちます。

 

しかも、お年寄りの家族に持たせておくことで、何処にいるのかも確認できるので安心ですね。

 

 

友達と交換して使う

amusement park

友達と遊園地やショッピングモールに行ったとき、別行動をする事はありませんか?

別行動をする時に、集合場所や時間を決めていても買い物や乗り物に夢中になっていると居場所が分からなくなってしますことがありますよね。

そんな時は、お互いの「AirTag」を交換しておけば相手がどこにいるのか知る事が出来できますね。

特に野外などだと、大きな声でしゃべらなくては聞こえない時もあるので、電話で居場所を聞く必要もありません。

電話に出られない場合でも、位置情報があれば直ぐに見つけることが可能ですね。

※この場合、友達がiphoneとAirTagを持っていることが前提となります。

 

 

まとめ

今回は、Appleから発売された「Airtag」の便利な使い方を紹介しました。

Airtagは、盗難されたものの追跡や、お子様やお年寄りの見守り・位置確認に使うこともできる優れものです。

超広帯域(Ultra Wideband)チップを搭載した、2019年秋に発売されたiPhone 11シリーズ以降を使うと、 一般的なBluetoothタグより精度の高い位置情報が得らるんですよ。

万が一に備えて賢く「Airtag」を利用できるといいですね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links
>> <<
Sponsored Links

-エンタメ

© 2021 Powered by AFFINGER5