エンタメ

YOASOBI(ヨアソビ)の名前の由来やメンバーの経歴&プロフィールまとめ!楽曲の元になった小説タイトル一覧

yoasobi
Sponsored Links

YOASOBI(ヨアソビ)は、代表曲「夜に駆ける」が再生回数1億回を突破し、2020年『第71回NHK紅白歌合戦』に紅組歌手として初出場することが決まった人気ユニット。

今注目のアーティスト「YOASOBI(ヨアソビ)」どんな人達が歌っているのか気になりませんか?

今回は、「YOASOBI(ヨアソビ)」の名前の由来やメンバーの経歴・プロフィールを詳しく紹介しますね。

YOASOBI(ヨアソビ)はどんなバンド?

YOASOBI(ヨアソビ)は、ボカロPのAyaseとシンガーソングライターのikuraの2人組の音楽ユニットです。

YOASOBI(ヨアソビ)の特徴は、音楽・歌・映像をミックスさせて世界観を紡ぎ上げていくことなんですが、元になっているのは、小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」に投稿された小説を原作にして作曲している事なんです!

自分の経験を歌詞にされる方が多い中、投稿サイトの小説を原作にしているなんて面白いですよね(*^-^*)

 

YOASOBI(ヨアソビ)が作る楽曲の映像は、漫画家・アニメクリエーター「藍にいな」さんがサポーターとして手がけているんですよ。

大ヒット曲「夜に駆ける」は、曲と歌声、映像がマッチしてとても良かったですよね。

 

名前の由来

ユニット名の「YOASOBI(ヨアソビ)」の由来を紹介しますね。

元々、AyaseさんはボカロP、ikuraさんはシンガーソングライターとして活動されています。

仮にそれを「昼の姿」と考えた時、非日常の「夜の姿」のように見せていきたいという思いから、「夜」をテーマの名前が考えられたそうです。

「小説を音楽にする」という新しい試みのユニットという事で、遊び心を持って取り組みたいという思いから「YOASOBI(ヨアソビ)」になったそうです。

「ヨアソビ」は漢字にすると「夜遊び」、夜遊びは遊び心いっぱいで楽しんでしまいます♪なんだか、妙に納得してしまいました(;^ω^)

 

結成のキッカケ

YOASOBI(ヨアソビ)は、Ayaseさんからikuraさんに声をかけたことで結成に至っているんですよ(*^-^*)

monogatary.com(モノガタリードットコム)という小説投稿サイトがあって、そこのスタッフさんから「小説を音楽にするユニット」をやりたいって話を僕が受けたことがきっかけでした。そこからボーカリストとか楽曲の方向性をチームで話し合って、Instagramで弾き語りの動画を発見したikuraに声をかけて、今に至ります。

出典:billboard JAPAN

ikuraさん、最初は『小説を音楽にする』というコンセプトに考えてしまったようですが、Ayaseさんの曲「ラストリゾート」を聞いて挑戦してみようと思ったそうです。

魅力

YOASOBI(ヨアソビ)は主に10代~20代の若者から高い支持を受けています。

高い支持を受ける魅力とは何なのか気になりますよね(*´ω`*)

私は、ikuraさんの透き通って聞こえる歌声が大きな魅力になっていると感じます。

ファンからもikuraさんの歌声には、絶賛するの投稿が多いですね。

若者を捉えた魅力ある楽曲も間違いなく魅力のひとつ!

TikTokやYouTubeなどで発信を始めたことで、情報に敏感な若い世代の興味を引き虜にしたのは間違いなくYOASOBIが魅力的だからだと思います(*^-^*)

 

経歴

YOASOBI(ヨアソビ)の経歴を紹介しますね。

2019年10月1日 ユニットを結成し代表曲「夜に駆ける」でデビュー
2020年4月 サントリー「ZONe」とのコラボ企画「IMMERSIVE SONG PROJECT」に参加
2020年6月 ・「NYLONJAPAN」で2人の顔写真が正式に公開される

・株式会社AMFが発表する「JC・JK流行語大賞2020年上半期」にて、ヒト部門で1位を獲得

2020年7月 ・オールナイトニッポン0「ZERO」で初の冠番組を担当

・AMEBAの声優と夜あそび繁(コネクト)にリモート出演

・「関ジャム 完全燃SHOW」で初のスタジオ収録

 

2020年10月 ・「夜に駆ける」の再生回数が1億回突破

・「MTV Video Music Japan 2020

」において「夜に駆ける」で最優秀楽曲賞を受賞

2020年12月 ・「夜に駆ける」が『Billoard JAPAN』

『Billoard Japan Hot 100』で年間総合首位を獲得。

・NHK紅白歌合戦に初出場(メディア歌唱は紅白が初)

YOASOBI(ヨアソビ)のメンバーのプロフィールを紹介

YOASOBI(ヨアソビ)のメンバーの詳しいプロフィールを紹介しますね。

Ayase(アヤセ)ボカロP

Ayaseさんは、ボカロP(ボカロプロデューサー)として、2018年12月にデビュー。

ボーカロイドとして有名な『初音ミク』を用いた楽曲「先天性アサルトガール」で、再生回数250万回を記録する大ヒットをもたらせているんです。

ボーカロイドとしての才能は天才的だとも言われているんですよ。

詳しいプロフィールは

を見て下さいね(*^-^*)

Ayaseさんの事が、もっと詳しくなりますよ♪

 

ikura(イクラ)ヴォーカル

ikuraさんは、笑顔がかわいいだけでなく澄んだ歌声が耳に残るヴォーカリストです。

ピアノをはじめギターやトランペットも弾きこなし、ソロでもシンガーソングライターとして活躍されている現役の大学生なんですよ。

詳しいプロフィールは

を見て下さいね(*^-^*)

ikuraさん事が、もっと詳しくなりますよ♪

 

リリース曲の元になった小説を紹介

YOASOBI(ヨアソビ)の曲の元になった小説をリリース順に紹介しますね。

夜に駆ける 『タナトスの誘惑』星野舞夜
あの夢をなぞって 『夢と雫と星の花』いしき蒼太
ハルジオン 『それでも、ハッピーエンド』橋爪駿輝
たぶん 『たぶん』しなの
群青 『青を味方に。』作者不明
はるか 『月王子』鈴木おさむ

小説を楽曲にする時は、作者さんと都度相談されているそうですよ。

 

最後に、YOASOBIの代表曲「夜に駆ける」気になりますよね!

聞いてみて下さい!

 

 「夜に駆ける」も入っていますよ(≧▽≦)

 

まとめ

今回は、「YOASOBI(ヨアソビ)」を紹介しました。

2020年NHK紅白歌合戦での、初メディアでの歌唱が楽しみですね!

これからもどんな楽曲が発表されるのか、たのしみなユニットですね。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links
>> <<
Sponsored Links

-エンタメ

© 2021 Powered by AFFINGER5